ネットと人工知能が翻訳サービスを大きく変えた

ネットと人工知能が大きく変えたのが翻訳サービスです。

特に人工知能によって翻訳サービスは使えないものから使えるものになったといってもいいでしょう。そしてネットが世界中で使われる事に貢献したのです。これまでの翻訳サービスは全く使えるものではなく、つい最近まではお笑いのネタを提供するようなものでした。普通の人では考えつかないような翻訳をするので思わず笑ってしまうという事で、ネットなどでもいろいろな翻訳が紹介されてる面白ツールのような存在だったわけです。これが使えるツールに激変したのはつい最近のことでした。

いきなり便利になったと言っても過言ではないでしょう。それは人工知能のいう技術によって使えるものになりました。この技術は自分で経験を積むセルフラーニングという技術が使用されているのが特徴的です。セルフラーニングにおいて、コンピューターが得意とする何度でも高速で学び続けるという事が行われています。

そのため、最初の赤ちゃんよりもレベルが低い頭脳だったものがあっという間に大人もびっくりの頭脳に成長していくという事になったのです。これまでのコンピューターは命じられたことだけを高速で繰り返すというものでしたが、経験を繰り返すというこれまでに全くない概念が考えられたことで、一気に使用できる技術となったわけです。この技術の凄いところは作っている人ですら出来ない事が出来るようになるという事で、どこまで成長するのかも分からないところにあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *