はやさが求められる時代に活用したい翻訳会社

コミュニケーションで欠かせないのが言語。人がコミュニケーションをとる方法は、大別して言語を使うか使わないかに分けられます。

言語を使わない方法は、例えば身振り手振りなど。普段はあまり意識しませんが、人はあらゆる方法を使ってコミュニケーションをとっているのです。ところで、なぜそもそも言語が通じるのでしょうか。例えばお米といえば白い粒状のものを、多くの人が思い浮かべるでしょう。

ここで言葉がなぜ通じるのかというと、答えは単純でお互いにその言葉を知っているからです。では外国語どうしではどうでしょうか。外国語を理解するには2つの方法があります。1つはネイティブとしての感覚を身につける方法。そしてもう一つは、翻訳をする方法です。前者は後者に比べて時間がかかります。

そのためはやさが求められているビジネスでは、他言語とのコミュニケーションにおいて、翻訳を利用する機会が多くなります。そのとき、必要とされるのが翻訳会社です。翻訳会社に依頼することで自社で翻訳する人を雇う必要がなく、多くの企業にとっては安価に翻訳の作業を行えます。多くの会社は、基本的には1文字いくらという単位で費用を設定しています。

かかる費用は会社によってまちまちですが、おおよそ1文字20円から40円程度です。日本語から外国語へ、またその逆方向への翻訳も可能です。翻訳会社には、多くのフリーランスの翻訳家たちが登録をしています。翻訳はその人たちが行っています。

そのフリーランスの人が翻訳会社から翻訳の依頼を受けて、実際に翻訳するのです。フリーランスが翻訳を行い改めて校正が入った後、納品されるという仕組みです。翻訳会社に依頼するメリットは、時間の節約でしょう。自社で翻訳をする時間を減らせるため、その時間を本業にあてられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です