質の高い翻訳会社に依頼する

翻訳会社のイメージは、翻訳者が常に在籍していて、辞書を見たりパソコンに向かって黙々と作業をしている印象があります。

語学力に長けた人は華やかなイメージがあり、ハリウッド映画の字幕や世界的に人気のある小説などの和訳が仕事で、憧れを抱く人も多いです。しかし、そのような業務内容をこなせるのは一部です。

最近では翻訳会社がフリーランスの翻訳者に委託することが多い傾向にあり、翻訳会社を通じてクライアントから依頼された原稿を受け取って自宅などでパソコンを使って訳しています。インターネットの普及によってフリーランスが増え、簡単に翻訳会社のトライアルを受け、資格に関係なく翻訳者になれる時代になっています。

そのため翻訳の質が落ちていると懸念されていて、質を守るため育成スクールやセミナーを開講しているところもあります。翻訳会社の主な業務は、英語などから日本語に、または日本語を英語などに訳すことです。

海外で発行されたものを日本語に訳すことを専門としています。しかし、語学力があれば誰にでもできるというものではありません。日本語が普通に話せても文章を書くことが苦手な人がいるのと同じで、文章力も必要となります。

また、言葉の奥に隠されている本当の意味を表現する能力も必要です。奥深いものであり、テクニックも要りますので経験も大事です。翻訳のテクニックは会社によって異なります。これは、経験豊富でレベルの高い翻訳者を採用しているかどうかの差です。

メインとして業務を行っているところがあれば、副業として行っているところもあります。また、扱える言語が多いところなど様々です。できるだけ多くの会社の情報を集め、任せられるところに依頼することをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *