翻訳会社とテープ起こしについて

翻訳会社の仕事の中には日本語から英語、英語からドイツ語など異なる言語への文書化だけでなく、通訳やテープ起こしなどの仕事を行っている会社も多くなっています。

テープ起こしはカセットテープやICレコーダーなどのハードウェアに記録が行われている音声をテキスト化する仕事です。中には映像を見ながら音声だけをテキストにするケースもあります。

記録してある会話は日常的なもの、会議の内容やセミナーなど様々ですが、音声を聞いてテキスト化するだけなので簡単に出来るなどのイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。

テープ起こしには内容すべてをそのままテキスト化するものと、余計な言葉を除外してテキスト化するものがあります。余計な言葉とは、「えーと」や「あのー」などのようなテキストにする必要がないもので、余計な言葉を除外するケバ取りを行います。

翻訳会社が行うテープ起こしは言語が日本語だけでなく、外国語のケースも多い、会話は日本語でもテキスト化する言語が日本語以外の言語になるケースが多いからです。翻訳会社などで通訳の仕事をしている人にとって、耳で聞いた言葉をリアルタイムに他の言語に置き換える能力を持ち合わせているわけですからそれほど難しい仕事ではないわけです。

日本語で話している内容をそのまま文字にする作業は初めての人でも出来ないわけではありませんが、タイプ入力のスキルなども求められるので決して簡単な仕事ではありませんし、根気が必要な作業です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *