翻訳会社を選ぶ時のポイントについて

仕事で翻訳が必要になった時、翻訳会社に依頼をすれば良いと考える人は多いと言えましょう。

しかし、訳して貰いたい量がA4サイズ100ページなどのように膨大な量になるとページ単価が安い翻訳会社を探すため、ネットで料金比較を行い、ページ単価が安い会社を使って日本語を英語にして貰うなどの選び方をしているケースも多いのではないでしょうか。

少しでも安く仕事を受けてくれる翻訳会社を選ぶこと大切ではありますが、訳した文章をどのように使うのかに応じて翻訳の品質が問われるケースが多いのです。例えば、技術文書をホームページ内で公開する、仕様書の訳文を行って貰い、英語を話す技術者に配布するなどの場合、訳した文章が正確なものである必要性が高くなります。

品質が高いか否かは経験や実績から把握が出来ます。仮に、技術文書や仕様書が自動車に関するものである場合、依頼する会社が過去に受けた仕事の中に同じような翻訳の仕事を行っている、しかも、精通したスタッフが在籍しているかを確認します。

技術的な内容が記されている文書は、専門用語も多数出現しますし、専門用語の意味を理解していないと正しく訳文を作ることが出来ないケースも多くあります。電気や機械、法律に建設、医学や医療に関する文書は過去にどれだけの仕事を受けているのかで依頼する会社にすべきか否かが変わります。

単に値段が安いだけでなく、該当分野の翻訳実績をどれだけ持つのか、精通しているスタッフがいるのかなどの確認をしてから発注先を決めるようにします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *