翻訳会社によって品質は変わる

翻訳会社に何かを翻訳してもらおうと考えている時には、翻訳会社によって品質が変わるということをよく覚えておかなければなりません。

正確に言えば在籍している翻訳者の質によって、品質が変わるものであり同じ文面であっても内容が大きく変わることがあり得るだけに、精度の高い翻訳をしてくれる翻訳会社を選ぶ必要があります。それでは、なぜ同じ文面が翻訳する人によって変わってくるのかというと、それには知識の差が影響をしてきます。文面そのままを多言語に訳す場合には誰もが似たような内容になりますが、翻訳は意味を伝える必要がありますから、直訳するようなことはあまりありません。

例えば小説であれば比喩が使われることがありますが、これはその言語力だけでなく正確なニュアンスを伝えるためには文章力も必要となってきます。そのまま直訳をしてしまうと翻訳をしているにもかかわらず、意味が通じなくなってしまうということがありますから、そこで知識の差が影響を及ぼすことになってくるのです。

小説の翻訳を得意としている翻訳会社や翻訳者もいれば、契約書のようにビジネスの場面で使われる文章の翻訳を得意としているものもいます。それぞれが得意としている分野があり、知識の差があるわけなので翻訳会社によって品質は大きく変わり得ることになるのです。それだけに翻訳を依頼するのであれば、翻訳は誰に依頼をしても同じと思わずに結果が変わる可能性があることを理解しなければなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *