専門的な翻訳は実績のある翻訳会社に依頼する

翻訳会社にはいろいろな種類があります。

例えば、総合的翻訳会社だったらあらゆる翻訳の仕事を引き受けてくれます。このような翻訳会社は規模が大きくて、都市部にオフィスを構えていることが多いです。契約書の翻訳のように特殊な分野に特化している会社もあります。このようなところは規模が小さくて、そこで働いているスタッフの数も多くありません。初めて翻訳を依頼する時は会社の数が多すぎて、どこに頼めば良いか分からないこともあるでしょう。そんな時は依頼する仕事の内容で決めることが大切です。

例えば会社のパンフレットのような難度の低いものだったら、普通の総合的な翻訳会社に頼むことができます。そのような会社ではいろいろなスタッフが働いているので、こちらが依頼する仕事に合った能力を持った人がすぐに見つかります。特許の文書のような難しい仕事だったら、実績のある会社に頼む必要があります。特許のような仕事は法律が絡んでくるのでミスが許されません。十分な経験と実績のある会社に依頼しないと、後になって問題の起きる恐れがあります。

その会社の実績を見分けるには創業年数を見るようにします。10年以上操業している会社だったら、安心して仕事を任せることができます。長く続くと言うことは、安定した経営がおこなわれている証拠になります。もし何らかのトラブルを起こしたところだったら、廃業する恐れもあるからです。ただし創業の年数が短いところでもいい仕事をする場合があります。少量の翻訳をまず依頼して、翻訳の質を調べましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *