翻訳会社で語学力を活かす

語学力を活かした仕事をしたいという人の中には、翻訳会社での仕事を考えている人もいるでしょう。

確かに自分のスキルを存分に活かすことができる仕事ということで、考えようによってはこれ以上自分にマッチした選択肢もないかもしれません。ただ、翻訳会社で働くくらいになるためには、例えば大学の外国語学部を卒業したくらいでは十分とは言い難いというか、そのレベルは最低限とされることも多いです。というのも、任される仕事というのは決して格調高い文学作品の翻訳ではありません。

それはそれで難しいことを否定するつもりは全くありませんが、翻訳会社の仕事は、今まさにいろいろな企業が海外と取引をしているような、生のビジネスに関わる翻訳が主体だからです。つまり、語学力はもう当然のスキルと思われており、それに加えてそのビジネスも理解していることが求められるというか、そういうスキルを持った人たちと仕事を取り合うことになるからです。

とはいってもそこまで恐れる必要もまたありません。そんな複数のスキルを高いレベルで兼ね備えた人など少数派であることもまた事実だからです。プラスアルファのスキルは仕事をしながら身につけていくことも十分に可能です。また、そもそもその言語のスキルを持つ人が少ないような語学力のある人は重宝されることでしょう。もちろんビジネスとしてその言語に関する需要があることが前提ではありますが、そのような人は頼りにされるはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *