翻訳会社での仕事について解説します

翻訳会社での仕事というのはもちろん文章の翻訳になります。

もちろんこれには海外の文学作品の翻訳も含まれることはあるでしょうが、それよりも多いのは一般の企業から仕事で用いる文書の翻訳を依頼されることでしょう。このような文書の翻訳は、たいていの場合急ぎで納期までの期限が短いものがほとんどです。企業にとって時は金なりは当然のことですから、できるだけ早く納品してもらいたいということになるのです。

また、翻訳会社にはその企業特有の用語なども分かっておいて欲しいと思われることでしょう。このようなビジネスで用いる文書の場合、基本的には凝った言い回しよりも簡潔で、誤解がなく、しかも元の文書の意味と取り違えて解釈されるような余地のない翻訳が望まれます。そういう意味では、担当者によるスキルの差があまり生じないということができるかもしれません。一方で、納期までの時間制限はあるわけですから、それに対応することが翻訳会社には必須の要件となります。

場合によっては、夕方に原稿をもらって明日の朝までには仕上げて欲しいとか、金曜日にもらって月曜日までには仕上げて欲しいなどという要請を受けることもあるでしょう。もちろん会社の受け入れ体制にもよるでしょうが、そのような仕事を請け負った場合には担当者には夜間や土日であっても仕事が発生することも十分に考えられます。それに対応できる人が求められるというか、重宝されることもあるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *