翻訳会社で働くために

翻訳会社で働くためには、まずは語学力が重視されるのは言うまでもありません。

ただ、多くの翻訳会社では正社員としての採用とは別に、フリーランスとして契約だけしておき、会社が仕事を頼みたいと思ったときにだけ仕事を回すという形態もあります。この場合、翻訳会社にとってみれば給料が発生するのは実際に仕事を回したときだけで、別に毎月決まった金額を月給として払わないといけないわけではありませんから、そこまで語学力が高くなくてもとりあえず契約だけしておくという場合もあります。

このようなフリーランスの形態が多くなる以上、その仕事だけで十分に生活していけるくらいに収入を得るのは確かに簡単なことではありません。給料は完全出来高制になりますから、いくら実力があってもたまたま依頼される仕事がなければ自分に回ってくる仕事もなく、従って収入も得られないということも考えられます。

ただ、それは可能性として考えられるというだけのことであって、実際には翻訳会社は数多くの企業や団体から仕事を依頼されますから、全く仕事がなくなってしまうということは考えにくく、実力のある人にはある程度の仕事が回ってくるものと期待していても良いでしょう。ただ、そこまで人よりも抜きんでた実力は自分にはないかもと思う人であれば、フリーランスの立場であることを存分に活かす形で、収入面を考えて翻訳以外の仕事も持っておくようにすることを強くおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *