翻訳会社での仕事とは

翻訳会社での仕事とはもちろんある言語で書かれた文書を他の言語に翻訳することです。

海外の文学を日本語に翻訳することもあるでしょうが、このような仕事はどちらかというと出版社の領分で、翻訳会社での仕事の多くは普通の会社で使われているようなビジネス文書の翻訳が中心です。今では海外市場を相手に仕事をしている会社はどんどんと増え続けており、それに伴って外国語で文書を作成したり、あるいは外国語の文書を日本語に訳したりしなければ仕事が進まないシーンが増えているのです。

もちろん自分の会社で必要な文書については社内の担当者が行うことができれば費用の面でも時間の面でもそれに越したことはないのでしょうが、特にコアな業務でもない翻訳に精通した担当者を十分に抱えているような会社はそうそう存在するものではありません。つまり、多くの会社が、そのような翻訳の仕事は翻訳会社に頼ることになっています。

この現状を踏まえると、外国語の需要として最も大きいのは当然ながら英語です。今やビジネスの世界で英語は世界共通語とも言えるくらいになっており、アメリカやイギリスなど英語が母国語の国で作成される文書はもちろんのこと、英語を母国語としない国との間の意思疎通であっても英語を利用して行うことが多くなっているからです。ですから、翻訳会社での仕事には英語はまず必須です。その上で、さらに別の言語についても仕事で使えるレベルに達していることが望まれるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *