語学力があれば翻訳会社

語学力に自信があるという人であれば、翻訳会社でその力を活かすという道があります。

翻訳会社で語学力を活かすといっても、別に就職して社員にならなければならないというわけではありません。翻訳会社に登録だけしておき、仕事の依頼があった場合にのみそれを請け負うという形で能力を活かすことも十分可能です。というか、実際に翻訳の仕事をしている人の多くはこの形態で働いています。この形態であれば、本業を他に持ちながら副業として活躍するということも十分に可能です。

というか、翻訳の仕事を本業としてそれだけで十分に生活していけるだけの収入を得るのは簡単なことではありません。むしろ副業的な感覚で行っている人のほうが多いのです。本業としてやっていけるのは、相当ハイレベルのスキルを持っているとか、語学力についても複数の外国語を使いこなせるとか、とにかく抜きんでた能力がある一握りの人くらいのものでしょう。登録するには自分が扱える外国語の種類、スキルレベル、仕事ができる曜日や時間帯などを翻訳会社に伝えることになります。

スキルについては単なる自己申告ではなく、過去の実績などを提出することも求められるかもしれません。もちろん翻訳会社としてもいい加減な品質の翻訳文を顧客に納品しては信用問題になりますから、基本的には他の担当者によるチェックも入ると思っていて間違いありません。厳しい世界かもしれませんが、自分のスキルがダイレクトに活かせる仕事ではあるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *