翻訳会社で仕事をするために

自分は語学力には自信があるので、翻訳会社で仕事をしてみたいと思っている人もいるかもしれません。

確かに語学力に自信がある人にとって翻訳会社での仕事は天職とも言えます。ただ、実際に翻訳だけの仕事で人並みの収入を得ることは決して簡単ではないと思っておいたほうが良いでしょう。翻訳会社で仕事をすると言っても、常時雇用される正社員として働いている人は非常に少数派です。ほとんどの人はフリーの立場で翻訳会社からの仕事を請け負うことになります。フリーの立場ですから自由はかなりあります。

オフィスに出勤する必要はありませんし、上司や同僚などとの人間関係に悩まされることも基本的にありません。もちろん請け負った仕事のレベルが低いと注意されたりすることはありますが、それは自分の本来業務であり、実力主義の世界と捉えればむしろ当たり前のことです。ですが自由と引き換えに収入面では決して恵まれた立場ではありません。請け負って行う仕事に対して給料が発生する仕組みですから、そもそも仕事がないときには給料は支払われません。

固定給などという甘いものはなく、完全出来高制です。しかも、同じ立場の他のフリーの人とまともにぶつかって競争しなければなりません。同じ翻訳案件があるとき、自分に仕事が回されるか、それとも他の人に回されてしまうか、どういう人であれば翻訳会社は他の人ではなくその人に仕事を請け負わせたいと思うか、しっかりと考えておく必要があるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *