依頼する内容に応じた翻訳会社選び

たくさんの翻訳会社の中から依頼する会社を選ぼうとすると、何を基準に比較すればよいのかわからなくなります。

現在では国内だけでなく、海外に向けたホームページなどで自社を紹介する企業も多くなっており、必然的に外国語に触れる機会も増えてきます。自社で他言語の翻訳がカバーできる体制があれば問題がありませんが、ほとんどの企業は自社で賄うことは難しいために、外注に依存することになります。信頼のおける会社を探すことが大事ですが、簡単に依頼先を見つけるには知識が必要です。

翻訳会社は決められたチームで業務を行っているところが多く、営業を担当を窓口に実際に作業する翻訳や校正を行う担当者がいます。会社によっては一般的な文章の翻訳以外にも、専門的な分野の翻訳を手掛けるところもあります。機械設備や機器の取扱説明書や注意書きなど、必要な説明には専門用語が必要な場合があり、知識がないとこれら誤訳して誤った文章にしてしまうことがあります。簡単なミスを減らして納期を短縮するためにも、特定の分野に特化している会社は安心して依頼することができます。

ホームページやパンフレットに載せる説明文などは、一般的な文章も多く特殊な知識は必要ありません。経費を抑えられる部分に関しては機械翻訳に対応している翻訳会社であれば、料金も安く短期間で対応が可能です。ホームページの情報は鮮度が大切な部分もあり、新しい情報をより早く公開するためにも会社による仕組みの違いを把握しておくことで、料金も納期も低く抑えることが可能になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *