翻訳会社に登録した後

トライアル試験に合格した後、翻訳会社から仕事を紹介してもらって、翻訳者は仕事を開始します。

そこで実際に翻訳をする側にとって気になるのが2点。仕事がいつ頃仕事の依頼がくるのか、またどれくらいの量の仕事があるのかです。仕事を早く始めたい人にとっては、すぐに仕事を始められるのかは、特に気になる点でしょう。仕事はすぐには、始められない場合が多いでしょう。多くの翻訳会社でそのような傾向があります。それはトライアル試験に合格はしたものの、まだスタートラインの人にいきなり重要な案件を任せるのは不安であるからです。

そして仕事である以上、重要でない案件はありません。そのためなかなか新人には仕事が回ってこない状況になってしまうのです。しかし翻訳者として働きたくて、試験にも合格したのに仕事がこないのでは働けないではないかと疑問が浮かびます。実は全く仕事がこないわけではありません。

文字数が少ないものや、ベテランの人が行えない案件などが新人に回ってくるケースがあるからです。始めはこれらの仕事をこなしていきます。文字数が少ない案件を数多くこなしていくことで翻訳の仕方が学べます。仕事をたくさんもらえるようになるためには、実績を作ることが必要です。そのためこのような文字数の少ない案件であっても数をこなしていけば、経験の量も増え、それが実績になります。そうして実績を重ねた結果、翻訳会社からまた新たな案件の紹介がくるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *