失敗しない翻訳会社の選び方があります

翻訳を外注するときには、料金や納期、会社への信頼性のポイントが重視されるのは当然です。

ただし気をつけなければならないのは、料金が安いければいい、速やかに納品してくれるから上質だ、大手会社だから安心できるというわけではない、という点なのです。極論を言えば、ネット上には無料の自動翻訳サイトがありますが、これは無料で、ほぼ同時にアウトプットされ、しかも運営会社は大手ばかりとなっています。しかし仕上がりの翻訳文を見れば一目瞭然ですが、文相としての体を成していません。安いのは品質にも問題があるのは事実です。

納期が早いというのは、とりもなおさず翻訳作業が早いわけで、これはチェック項目が省かれている恐れがあると見ていいでしょう。納品後に依頼者側での修正作業に多大の時間がかかってしまったという事例は少なくありません。大手翻訳会社の場合は実績が豊富で経験十分に有しております。一般論としては十分な信頼に値するのは確かです。

ただニッチな分野であるとか、特殊技術のジャンル、技術関連書籍などとなると、特定分野に特化した中小翻訳会社のほうが熟練度が高いケースがあるのです。最低の翻訳会社を選定するにはこれらの条件を総合的に判断することが必要です。少なくとも料金の安さだけで決めてしまうのは早計に過ぎます。翻訳会社によって仕上がり品質はそれぞれ違っているのが現実です。昨今は翻訳会社側でも、無料トライアルサービスを打ち出しているところがありますので、複数の会社で比較検討してみるのも選択手法としては推奨に値します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *