翻訳会社によって違う翻訳の仕方

翻訳会社で行われる翻訳方法は、全く違います。

同じ言語であっても翻訳をする人物の解釈一つによって内容は全く違ってしまいます。依頼人が望む翻訳内容にするためには、こう言った解釈のずれが生じないように事前に打ち合わせをしなくてはいけません。仮に、この打ち合わせの段階で依頼人の意見を取り入れてくれないときには、そのような翻訳会社に任せることはリスクしか存在しません。

通常、翻訳会社には依頼人の意見を取り入れるためのスタッフが存在しますので、そうしたスタッフが存在するかどうかを確認することが重要です。翻訳する人物によって翻訳内容が異なるのは珍しい事ではありません。例えば、同じ外国語であっても方言のようなものが存在しますので、そのニュアンスの違いによって内容を直訳しない方が良い場面も存在します。例えば、日本語にも関西弁などが存在するように、英語などの外国語にも似たような方便が存在します。医学的あるいは科学的な用語の中にはこうしたものはほとんど含まれませんが、冗長な話を翻訳するときにはこうした表現が多分に含まれる可能性があります。

そのため、こうした場合にはニュアンスを考慮して解釈してもらわなくてはいけません。翻訳会社は、全て人間の手で翻訳する会社と一度自動で機械的な翻訳をしてから人間の手で翻訳しなおすという手法をとっている会社があります。どちらを選択するにしても、偏り過ぎた翻訳になり過ぎないように依頼人の方でも注意をしなくてはいけません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *