翻訳会社とは またその仕組みと選び方

翻訳会社とは、ある言語で書かれた文章をほかの言語に翻訳するサービスを行っている会社のことです。

翻訳会社の仕組みはどうなっているのでしょうか。顧客がある会社に翻訳を依頼するとその会社に登録している翻訳者に会社が作業を依頼し、翻訳者が作業をしてくれます。その社内のスタッフが翻訳者のスケジュール管理を行っています。また、複数の翻訳者を介入し、推敲を行っている会社もあります。今日、たくさんの翻訳会社が存在しますが、どのように選択すればよいのでしょうか。まず、翻訳会社は大きく3つにわけることが出来ます。

産業翻訳・映像翻訳・出版翻訳のそれぞれを扱う会社にわけられます。産業翻訳とは、企業が仕事を行う上で必要な文書などの翻訳を行うことです。映像翻訳とは、DVDなどの映像につける字幕を作る翻訳です。出版翻訳とは書物を多言語に翻訳することで、翻訳した書物を出版したりします。この中から、ニーズに合った会社を選ぶ必要があります。さらに、各翻訳会社によって得意分野が存在します。

例えば、中国語からの日本語訳が得意な会社や日本語から英語への翻訳が得意な会社などです。また、特別な専門知識や専門用語の理解が必要な翻訳を行う際は、該当する専門知識を持った翻訳者を雇っている会社を探す必要があります。各会社によって料金設定も様々で、会社(または翻訳者)によって仕事の処理スピードも様々です。そのことも考慮して選ぶ必要があるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *