翻訳会社を選定するときの注意点です

国内市場が成熟化した昨今、企業は海外市場への対応にも熱心にならざるを得ません。

その一環として、ウェブサイトの翻訳やビジネス関連文書の翻訳を推進している企業は年を追うごとに増加の一途をたどっております。翻訳を外注しなければならない企業も多く、信頼に足る翻訳会社を選択することが必要になってくるのです。日本には約4千社もの翻訳会社があると言われております。この中から発注先に1社を選定するのは簡単なことではありません。一口に翻訳会社といっても、大きく3つの種類に分かれます。産業翻訳業界と映像翻訳業界と出版翻訳業界です。

翻訳発注の際には、依頼案件がどのジャンルに属するものかをしっかりと把握し、それに対応した業界に発注することが基本になります。そして、その翻訳会社が依頼したい分野の翻訳実績を持っていることを確認しなければなりません。得手不得手はどんな会社にもあるものです。その会社で過去に翻訳実績があれば、一応は安心できると考えていいでしょう。その会社の実績の中に大手企業や官公庁の名が多く見られるようであれば、それは大きな安心材料となります。

とりわけ官公庁関連の場合は入札を経て獲得した案件なのです。入札に必要となる資格を取得していたり、仕様書に基づいた業務遂行や詳細部分の修正対応のできる能力を持っていることの証明となります。ほかにも、会社の姿勢の問題として、こちらからの問い合わせにレスポンスが速やかに行われるかどうかも重要なポイントとなります。対応の遅い会社というのは、最終的にはクライアントをサポートする威勢も脆弱なところが多いものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *