翻訳会社というものについて

読みたい専門誌などが英文である、または日本語で作成した文章を英語に直したい、しかし翻訳するのが難しかったり時間が無いという場面は往々にしてあり得る事でしょう。

例として英語を挙げましたが、フランス語やドイツ語や中国語など、他の言語でも同様です。一番望ましいのは自分で変換できることですが、その手段が取れないのであれば翻訳会社への依頼は一つ有効な手段です。翻訳会社は、日本語から他国の言語へ、または他国言語から日本語への変換をサービスとして提供する会社です。単語ごとに値段が設定されている場合が多く、更には医療関係など専門知識が必要になる内容は高額になる傾向にあります。

ノミネートしている翻訳家との交渉が行える場合もあるので一概には値段設定はできませんが、内容や文章の長さに加えて、納期も値段に関わってくるファクターになります。納期までの日数が限られた依頼は、余裕のある際と比較してその分の値段が追加されます。得られる品質は翻訳家の力量に依存するので、依頼する内容によってはその分野を得意とする社員を抱えた翻訳会社を選択する必要があります。

翻訳会社のレビューを比較してみたり、実際に依頼を出す際に注文をつけるなどで必要な水準となるよう、依頼側も工夫をすべきでしょう。一つの言語を別言語に直すのは大変な労力を要求される仕事です。それはそれを職業としている翻訳家にとっても同じ事です。なので必要な仕事内容は事前に伝えておくことが、双方にとって望ましい結果に繋がるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *