翻訳会社を選ぶ時のポイントとは?

翻訳の仕事が必要になるケースは企業により異なります。

常に翻訳の仕事を必要とする場合には、専属的に利用する翻訳会社を通じて必要な業務を委託するケースは多くあります。これに対して、稀に翻訳の仕事が発生する場合には、その都度会社を選択して翻訳のお願いをする形になるでしょう。また、普段利用している会社だけでなく、必要に応じて翻訳会社を変えるケースもゼロではありません。例えば、翻訳の仕事量が急増した場合、現在のコストを削減したい時など、従来利用していた翻訳会社とは異なる会社を探し出して依頼するケースもあるわけです。

翻訳会社にはそれぞれ得意分野と苦手分野があります。翻訳の元原稿が電気に関するものである時には電気に強い会社を選ぶ、医療や医学に関する元原稿の場合には、この手の分野に強い会社であるのか、過去の実績をチェックしておくと良いでしょう。対象分野に強いことで、適切な翻訳ができる、英語の文章であれば英語を話す国での通用する翻訳文になるわけです。

仮に、対象分野にあまり強くない会社を選んでも翻訳の仕事を請け負って貰うことは可能ですが、適切な翻訳ができるか否かは定かではありません。上がって来た翻訳の内容が正しいものであるのか否かは内容をチェックすることで分かりますが、翻訳会社を利用して翻訳を行うことは、翻訳者の保証による品質を保つことにも繋がります。簡単に言えば、上がって来た翻訳は正しいものである保証があるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *