翻訳会社の仕事内容と今後の課題とは

翻訳会社と聞いてどんなイメージを思い浮かべますか?多くの人が社員自身が翻訳した文章をパソコンで編集しているという印象をもつかもしれません。

昔は確かにそのような時代もあったそうですが、今は少し違うようです。最近では翻訳会社がフリーランスの翻訳者に委託し、出来上がった原稿を基に訳をパソコンに入力していく会社が増えています。時代と共にフリーランスで働く人も増加し、翻訳会社のトライアルに合格すれば資格が無くても翻訳者と名乗れる時代になりました。そのような形式になることで翻訳の仕事の幅も広がり、大量の仕事も委託することで片付けることが可能になりました。

しかし、便利になる一方で問題になっているのが翻訳者の質の低下です。翻訳会社も質の高い仕事を求めるので、トライアルの壁は高く、簡単に合格することはできません。会社が独自に翻訳者を育成するためのスクールやセミナーを行っているところもあります。翻訳は仕事の種類によって求められるものが異なり、一概にこれが正しいと決めることができません。

会社としてもこのようなセミナーを通して簡易的なテクニックや知識を教えることしかできないのが現状です。また翻訳者自身も自分の能力に制限をかけず、常に新しい知識やテクニックを学び、進化していく必要があります。翻訳会社も翻訳者も気持ちよく仕事ができるようお互いに学びあい、スキルを高めていくことが求められます。いかにして高い水準を保つのかが今後の課題といえそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *