翻訳会社では色々な文章を翻訳してくれます

翻訳会社は色々な分野の文章を翻訳しています。

特許明細書や訴訟文にも対応していますし、映像内のセリフの翻訳も行っています。英語をはじめ韓国語や中国語、フィリピン語などアジア圏の言語を訳すことができるスタッフもいます。複数の担当スタッフが各国の文化や習慣などを踏まえた上で1つ1つ丁寧に訳してくれるでしょう。料金に関しては翻訳会社のホームページなどに一覧表があります。グローバル化にともないインドネシアやベトナムなどの人が多く来日するようになりました。

その国の言語も翻訳会社で対応してくれます。会社で例えば商品の製造工程の説明文を雇用しているインドネシア人やベトナム人の社員のためにその国の言語に翻訳したいという場合も翻訳会社にメールや電話で問い合わせてください。日本の政治経済、また環境や文化などについて、外国人の社員に知って欲しいという場合もあるかもしれません。業界によってはファッション事情や流行を知って欲しいということもあるでしょう。

そういう場合はその翻訳会社にその分野に精通したスタッフがいるかどうか聞いてみてください。翻訳文の納品までの流れとしては、訳す必要がある文章の見積を依頼した後、その文章をメールかファクスで送ってください。次に料金を指定の銀行口座に振り込みましょう。その後、担当スタッフが翻訳作業を始めます。短期間で翻訳してくれますし、微妙なニュアンスの修正などアフターサービスも行ってくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *