翻訳会社の適切な選び方について

企業活動は国内だけに留まらず海外に広がっていて、販売網拡大や為替相場に対応した輸入と輸出量の変化、生産部門や営業拠点の海外進出は多くの企業で展開されています。

今後さらに海外に目を向ける事例は増えていくことでしょう。海外に進出する際に障壁となるものはいくつかあります。受け入れる国や地域での法律・規制、民族風習の違いによる考え方の乖離、関税などがその例ですが、最も顕著な壁は言語です。現地の言葉を正確に理解し、こちらの意見や方針を間違いなく翻訳して伝えることは必須条件です。進出予定先の法律と規制の解釈、現地不動産の取り引きや建物建設に係る契約書、融資を受ける現地金融機関との折衝などにおいて翻訳作業は重要なことは間違いありません。

拠点の海外移転や進出でなくても、自社の製品を売り出すためには企画書や提案書が必要であり、製品の特徴やセールスポイントを多言語で正しく表記する必要があります。ウェブサイトの多言語化も同様に、販売の幅を広げるためには避けては通れません。社内に翻訳に長けている人材がいない場合は、外部にその業務を委ねることになります。

翻訳会社は数多くありますが、委託する際には語学力だけでなく法律や風習や専門的知識に精通している人を雇用している翻訳会社を選ぶべきです。手持ち資料の翻訳をするだけで委託業務が終わることはありません。相手先からの回答や問い合わせは継続して来ますので、臨機応変に対応してくれる翻訳会社が求められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *