どのような翻訳会社と付き合うべきか?

人工知能などの発達により、コンピュータによる翻訳技術の進歩には目覚ましいものがありますが、実際のビジネスの現場において、コンピュータ翻訳には限界があることは事実です。

日本の企業もグローバル化の影響で海外との顧客との交渉の必要に迫られるケースも珍しくはなくなってきています。しかし日本企業(特に中小、零細企業)のおおくは、海外の会社や顧客と十分にコミュニケーションができる人材を抱えていることが少ないため、言語の壁により往生して知る場面もきっとあるはずです。そのような時には、専門の翻訳会社の出番なのかもしれません。

翻訳会社にも特徴があり、得意とする言語や、専門分野もまちまちです。初めて翻訳会社を検討される方は、特に注意してほしいは自社の扱っているサービスと翻訳会社の得意分野が合致するかどうかです。例えば、人材サービスの会社なのに、化学系の翻訳会社に仕事を依頼しても十分な成果を期待することができません。もちろん最終的な判断はみなさん自信がされることにはなりますが、後悔をしないためにも、事前にその業者の特徴を十分に理解しておくことは大切なポイントになります。

ほとんどの業者は公式サイトを公開しておりますので、インターネットで情報を取ることが簡単にできるかと思います。また、費用にこだわるのであれば、少なくても2社以上の異なった提案を比較検討することは絶対にい必要であることは意識してほしいところです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *