翻訳会社選びは、翻訳のクオリティの確認が大切

翻訳会社とは、その名のとおり、単語や文章などをある言語からほかの言語に置き換えて表現することを請け負う会社です。

会社の規模はさまざまで、多くのスタッフを抱え多言語に対応しているところもあれば、特定の言語から別の特定の言語への翻訳のみをおこなっているところもあり、また、翻訳会社といっても個人的なところも少なくありません。内容についても、あらゆる翻訳を受け付けているところや、たとえば貿易関連や医療関係など分野を限定して扱っているところなど、千差万別です。

翻訳の仕事には、絶対の正解というものがなく、内容があっているかということはもとより、文章や言葉選びのクオリティによってできあがったものの印象がまったく変わってしまうということがありえます。そのため、翻訳会社を選ぶときには、価格のみで判断することは難しいと言わざるをえません。必ずその会社の実績を確認し、トライアルというような試し訳を受け付けていれば利用することをおすすめします。

一人でやっているような小規模なところ以外は、コーディネーターと呼ばれる発注者と翻訳者の連絡役のようなスタッフがいることが一般的で、出来上がりの文調やスタイル、どのようなシーンでどのような読み手のための翻訳なのか等は、そのコーディネーターを通して翻訳者に伝えられます。多くの場合、コーディネーターがアフターフォローまで担当しているので、コーディネーターの対応が親身であるか丁寧であるかを見極めることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *