良い翻訳会社を見つけたい時に知りたいポイント

日本には数多くの翻訳会社が存在していますが、中には質の悪い会社も存在しています。

この業界は近年、急激に需要が高まり数を増やしたため、適当な会社も出てきてしまっているというわけです。ほとんどが良いサービスを提供しているのに、このような一部の質の悪い会社のせいで翻訳サービスを利用しなくなってしまった人も少なくありません。では、一体どうすれば良い会社を見分けられるのでしょう。まず調べたいのは、利用している翻訳会社が料金について明瞭な説明を行っているかどうかです。

ホームページや資料冊子などで利用者に分かりやすく料金形態を説明していたり、事前の見積もりで「どうしてこの価格になるのか」について詳細に知らせてくれるようならば、後々追加料金を取られたりして悲しい思いをすることもありません。納期についてはっきりとした数字で知らせている会社も信頼が置けます。納期の早さをなんとなく記している会社は多いですが、具体的な数字で利用者に知らせているということは、それだけ納期の面において自信があるということです。

ビジネスシーンでは期限付きの資料などの翻訳に利用することが多いので、この部分も見逃せません。翻訳会社のアフターケアについてもしっかりと確認し、翻訳結果を受け取った後でもおかしいと感じる部分があれば再度翻訳しなおしてくれるような場所を選びましょう。アウトプットの品質が条件を満たすものでなかった場合、このようなアフターケアがないと別の場所にもう一度依頼をしなければいけなくなり、余計な出費となってしまいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *