翻訳会社に多国語依頼をする場合のポイント

ソフトウェアの取り扱い説明書を製作しなければならないケースは多いと言えましょう。

供給する国が日本国内であれば日本語マニュアルで済みますが複数の国々で使う時にはオペレーティングシステム、いわゆるOSの言語毎に製作が必要です。一般的にOSは英語版だけのイメージを持つ人も多いかと思われますが、利用される国応じて、フランス語版やドイツ語版、スペイン語版やイタリア語版などがあるため、それぞれの国必要な言語での翻訳が必要です。

そのため、多国語が必要になることは珍しくないわけです。多少の発売時期がずれていたとしても、取り扱い説明書はソフトウェアと同梱されるなど、ほぼ同時期に製作が求められます。翻訳会社の中でもソフトウェアの翻訳を専門に手掛けている会社を選べば多国語翻訳も可能ですし、翻訳における品質についても実績を持つ翻訳会社を使えば安心に繋がります。

但し、必要な言語すべてが可能か否かは事前に調べておきたい部分です。最近は中国語の説明書が必要になるケースが増えており、中国語の依頼ができるか否かで翻訳会社の選び方も変わります。対応可能ではない言語があると、その言語だけを別の翻訳会社にいらいしなければならないなど手間が掛かりますし、文言などが変わってしまうなどのデメリットが生じないとは言い切れません。多国語翻訳は1つの会社で完結できれば、納期的な不安要素もなくなりますし、全体的な品質向上も高まるなどのメリットがあるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *