外国語の字幕をつけるなら翻訳会社に頼みましょう

日本人に向けて何らかの映像を制作する場合、字幕をつける必要はないかもしれません。

しかしながら外国人にも見てもらえるような映像を制作するのであれば、やはり字幕は必要になってきます。日常会話ぐらいの英語がわかる方は多いですが、外国語のことは全く分からないという方もいらっしゃいます。

そのような場合、字幕を作成するのは非常に大変な作業になりますので翻訳会社に依頼することをおすすめいたします。翻訳会社と言うと文書を作成してもらうといったイメージが強いかと思われますが、実際は幅広い依頼に対応しています。

もちろん英語をはじめ、さまざまな国の言葉の字幕を作ることも可能なので安心していただきたいです。ただし翻訳会社によっては英語のみの対応になっているところもあるので、事前に他の外国語も対応しているか確認してみてください。大手の有名な会社でしたら、世界各国の言葉の翻訳を行っていることが多いです。急いで字幕を作ってほしい時は、スピーディーに納品してくれる会社を選ぶことが大切です。

実績があまりない会社ですと二週間以上かかることがあるので、一週間程度で納品しているところを探してみてください。納品してもらってから修正を依頼する可能性もありますから、修正の期間を含めて素早く対応してもらえる場所を選んでいただきたいです。プロの翻訳家と直接交渉できる翻訳会社もありますし、そういった場所でしたら余計な費用がかからないのでとてもお得です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *