FXでトレードをする場合は、まず現在のレートを確認するということが大事になってきます。


例えば、FXでは左に110.50、右に110.55というように2つのレートが表示されていますが、これは何を指しているのかというと、左側が買値であり、右側が売値を表していることになります。これを2wayプライスと呼んだりしますが、もし、投資家がこの通貨を買おうと思ったら110.55の値段で買うことができるということになり、売りたいと思う投資家は110.50の値段で売ることができるということになります。


ですから、もし、110.55で買って、そのままレートが全く動かなかったとしても、5銭分は買った瞬間に損をしていることになります。



これは、FX会社に支払う手数料のようなものであり、取引にかかる投資家のコストとなります。



このような買値と売値の差に関しては、スプレッドとも呼ばれますが、FXを取り扱う業者によって、差に違いがあります。


この差が広ければ広いほどコストは高くなり、狭ければ狭いほどコストは少なくなるということがいえるので、頻繁に通貨の売買を繰り返す短期型のトレードを考えているのであれば、スプレッドが狭い業者を選ぶということが大事になってきます。
ただし、スプレッドは業者だけではなく、取引する通貨ペアによっても違いますから、自分がトレードする通貨ペアのスプレッドが狭いかどうかということが重要になってきます。