FXは投機の要素が強いため、投資方法としてはリスクが高いと敬遠される傾向があります。しかし、投資の世界はリスクが高いほど、利益が出やすい仕組みになっていますので、リスクの全く無い状態で投資をするのは、あまり現実的な話ではありません。

リスクは高いものの、FXにはいくつもの魅力が備わっています。

買いと売りのどちらからでも、取引を開始できるメリットがあります。



よく比較対象になる投資として、株式がありますが、一般的な現物買いで取引をするとなると、売りから始めることができません。

期待できるエキサイトニュースの情報サイトです。

また、株価が高くなるほど譲渡益が発生する仕組みですので、株価が下がれば、元本割れのリスクが高まります。しかし、為替相場を対象にするFXは、売りから始めることも自由です。

円と米ドルの通貨ペアを設定したとすれば、今の時点よりも円高になると予想すれば、まず米ドルを売ります。



その後、予想通りに円高になれば、円の価値が上昇しますので、その時点で今度は米ドルを買い戻すと、差益が得られるようになります。

以前よりも少ない円で、米ドルを購入できるようになるからです。

この逆のパターンでも差益を得られるのが特徴です。

FXでは株式と違って、為替相場が上がっても下がっても利益を得られるチャンスがあります。

常にチャンスがある状態といえますので、株式のように株価が高い時には投資を控えるような時間のロスが発生しません。

いつでも手持ちの資金を投入して、大きく儲けを出せる魅力を持っています。